HOME >医療機関での全身脱毛

医療機関での全身脱毛

エステの脱毛と医療脱毛の違い

エステの脱毛と医療脱毛の違い脱毛については、医療機関で行われるものと、エステなどで行われるものがあります。
この違いは、専門の医師にしか扱うことが許されてない高い出力の機械を用いた医療レーザーと、エステなどで行われる出力が少し弱いフラッシュ脱毛の違いになります。
これらの効果は永続性に関係しており、医療脱毛の方が高い効果があります。エステの脱毛では長期的に行う必要があり、最終的に毛を生えなくなるようにします。
エステの場合は費用がリーズナブルで、医療機関の脱毛は高い傾向にあります。
ですがどちらにもメリット、デメリットが存在しているので人によって選ぶ必要があります。安全性はどちらも高いものがありますが、肌質や状況によって選択が必要になるので、自分に合う脱毛をする際は特徴を理解して施術を行うことが重要なポイントになります。

医療レーザーで全身脱毛

医療レーザーで全身脱毛医療レーザーの全身脱毛は医療行為となるため、専門の医師でしか施術を行えません。その為、安全性はとても高いものといえます。個人の毛質や肌の状態を見極めて適切な処置を施してくれます。
これによって、より高い効果と満足度を得ることが出来ます。
医療レーザー脱毛は、毛母細胞を破壊することで、毛を生えなくさせる施術ですので、レーザー熱エネルギーによる肌へのダメージがあります。肌が弱い人等は施術において注意が必要です。
また施術後は赤みや腫れるなどの症状が表れますが、一時的なものなので安心して下さい。
医療レーザー脱毛は非常に優れた施術方法で、専門医師によるアフターフォローも万全なので安心して施術を受けることが可能になっています。

全身脱毛の前日に気を付けておきたいこと

全身脱毛の前日に気を付けておきたいこと脱毛を受ける際は注意すべき事が多くあります。
まず、前日までにはシェービングで無駄毛処理をしておかないとなりません。これはお店によっても異なりますが、基本的には施術当日前までには、自分で無駄毛処理を行ってから施術に望むことになっています。
そして施術という実は日焼け止めなどのクリームを使うことは禁止です。これは、クリームなどを塗ってしまことによって毛穴をふさいでしまうので脱毛効果が得られない場合があるからです。
施術当日は肌には何もつけずに行くようにしましょう。
そして、生理前後の際は脱毛を行うことを中止にしなければならない場合があります。これは生理によってホルモンバランスが崩れてしまい、その影響で肌トラブルに繋がるケースがあるからです。
またホルモンバランスの崩れによって、痛みや肌が弱っている場合があるので生理前後は避けましょう。
最後に、施術前日のお酒を飲むことは禁止なので注意をしておきましょう。このようなことを気をつけて施術当日を迎えるようにしましょう。